KURIHARA CORPORATION

KURIHARA CORPORATION
  • sitemap
  • english
文字サイズ変更 文字サイズ変更 文字サイズ変更
HOME > CSR活動 > Red Ribbon

Red Ribbon

実施日 : 毎年12月1日

Red Ribbon

Red Ribbon / エイズ予防財団
http://www.jfap.or.jp/

override x Red Ribbon

レッドリボン(赤いリボン)はもともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。この“レッドリボン”がエイズの為に使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わりごろでした。 このころ、演劇や音楽などで活躍するニューヨークのアーティストたちにもエイズが広がり、死んでいくアーティストが増えていきました。 そうした仲間達にたいする追悼の気持ちと、エイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を表すために、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を超えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。

レッドリボンはエイズに関して偏見を持っていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。


HEADSTAR x Red Ribbon
チャリティー帽子を製作
毎年12月1日を世界エイズデーとし、世界中でさまざまなイベントが行われ、今もなお世界中のエイズで苦しんでいる人へ向けメッセージを送り、啓発活動を通じてエイズ撲滅の為のキャンペーンを行う。
直営店override, HEADSTAR, Headtimeにてエイズ予防財団との取組みにより商品化、収益の一部を寄付。

HEADSTAR, Headstime Red Ribbon スノーボードイベント協賛

RED RIBBON SNOWBOARD CHALLENGE
2009年日本国内におけるHIV・AIDS感染、発症の報告数は依然とし増加傾向にあり、この危機的な状況にプロスノーボーダーを中心に競技会、トークショーを通じてエイズの予防啓発を呼びかける「RED RIBBON SNOWBORD CHALLENGE」にニットキャップ協賛
RED RIBBON SNOWBOARD CHALLENGE

CSR活動

  • HATDAY
  • Pink Ribbon
  • RED RIBBON
  • KEEP WARM & SAFE HEAD
  • KIDS EARTH FUND
  • WWF
  • オーガニックコットン製品
  • シブヤ大学